スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

持参金480万円付きでも…ポスドク就職支援苦戦(読売新聞)

 博士号取得後に任期付きの不安定な立場で研究を続ける研究者(ポスドク)を雇用する企業に、1人当たり480万円の資金を提供する文部科学省の事業が、目標の採用数に届かず苦戦している。

 伸び悩むポスドク雇用を、「持参金」付きで後押しする狙いだったが、ポスドクの就職が難しい現実を改めて浮き彫りにした。

 事業は独立行政法人・科学技術振興機構が担当。同機構が選んだ企業28社が11月から4か月間、ポスドクを募集し、23社29人の採用が決まった。それでも、目標である40人には達せず、途中で辞退した1社を除き、採用が決まらなかった4社は、募集を4月中旬まで延長することになった。

 同機構の担当者は「景気悪化の影響も考えられるが、企業が求める専門的な知識や技能と、ポスドクの能力がぴったり合うケースが少ない」とみている。

インフルサーベイ見直しで事務連絡―厚労省(医療介護CBニュース)
【第48期囲碁十段戦 本社主催】第2局 張十段、逆転で連勝(産経新聞)
<公明>神崎、坂口氏が議員辞職、引退へ 世代交代を加速(毎日新聞)
橋下新党「大阪維新の会」の構想案が判明(産経新聞)
松野明美さん、熊本市議選に出馬(スポーツ報知)
スポンサーサイト

荒れた学校、自殺の原因=女性教諭の公務災害認定-大阪地裁(時事通信)

 自殺した堺市の中学校の女性教諭=当時(51)=の夫が、荒れた学校での過酷な勤務が原因として公務災害と認めるよう求めた訴訟の判決で、大阪地裁の中村哲裁判長は29日、「自殺と公務との間に因果関係が認められる」として、地方公務員災害補償基金の不認定処分を取り消した。
 中村裁判長は「校内で喫煙、器物損壊、恐喝が横行し、常に生徒指導が必要という異常な勤務環境で、生徒から暴力を受けても学校側からの支援もなく、強度の精神的ストレスが積み重なった」と指摘。過重な勤務が原因でうつ病を発症し、自殺に至ったと判断した。 

【関連ニュース】
当世「新成人」諸事情
阿久根市長、高校に処分撤回要請=野球部員の出場禁止で
海水浴場を原則禁煙に=都道府県初の条例成立へ
火も煙もゼロのたばこ発売へ=JT
たばこ販売、最大の落ち込みに=増税も1000億円減収

普天間問題 岡田外相「ゼロベースで検討中」(産経新聞)
中医協公益委員の牛丸氏を再任(医療介護CBニュース)
「TOKYO1週間」「KANSAI1週間」休刊、講談社(産経新聞)
懲りない北教組 早くも参院選準備へ教員出動(産経新聞)
死亡認定取消、海保に請求=北朝鮮で確認、失跡男性の兄-兵庫(時事通信)

サクラ三分咲き、でも待ちきれない…上野公園(読売新聞)

 27日の東京都内は、都心の最低気温が4・4度と3月上旬並みの肌寒い朝を迎える中、約1200本もの桜を誇る上野公園(台東区)では、花見が始まった。

 同公園の桜は三分咲き程度。それでも、春本番を待ちきれない花見客たちが厚着をして公園に陣取り、日差しが暖かくなった昼前には、あちこちから「乾杯」の声が上がっていた。

 日本気象協会の予想では、東京都心の桜は4月2日に満開を迎える。

<DNA>誤情報で逮捕状 登録データ別人 神奈川県警(毎日新聞)
JR不採用、和解金2400万円…政府解決案(読売新聞)
羽田、小野両副知事を更迭=不適正経理の責任問う-松沢神奈川県知事(時事通信)
<殺人容疑>夫が妻子刺し死傷 大分(毎日新聞)
通天閣ロボ 大阪PR「どこでも行くで」(毎日新聞)

指定弁護士ら遺族と面談=兵庫・明石歩道橋事故(時事通信)

 2001年に11人が死亡した兵庫県の明石歩道橋事故で、検察審査会の議決に基づき当時の明石署副署長を強制起訴する手続きを進めている指定弁護士3人が25日、遺族らと初めて面談した。
 面談は神戸市内で行われ、遺族7人と遺族側代理人3人が出席。榊和晄・元明石署副署長(63)が歩道橋の混雑度合いを認識できたことを立証するため、事故当日明石署に設置されていたテレビモニターの映像と無線の傍受状況を検証することなどを申し入れた。
 安原浩主任指定弁護士は面談後、「遺族が長い間大変な思いをされ、重い責任を負っていると強く感じた。起訴を急ぐようなことはしたくない」とコメント。遺族の下村誠治さん(51)は「われわれの気持ちを受け止めていただき、熱意も感じられほっとした。慌てずゆっくり捜査した上で起訴してもらいたい」と話した。 

【弔い最新事情 墓はどこに】(中)形態多様化 思いは不変(産経新聞)
龍馬の「婚約者」は美人、宇和島藩主のお墨付き(読売新聞)
「たまゆら」運営法人の認証取り消し=理事長ら起訴受け-群馬県(時事通信)
「おもちゃの王様」85歳で博士に…ギネス申請(読売新聞)
<郵便不正事件>副検事が出廷、信用性を主張…大阪地裁(毎日新聞)

<連合>554組合すべて賃金カーブ維持(毎日新聞)

 連合(古賀伸明会長)は19日、10年春闘の回答引き出し結果(同日午後3時現在)を公表した。報告のあった554組合はすべて、定期昇給など賃金カーブ維持分を確保した。

 連合によると、要求した1277組合のうち554組合から回答が報告された。平均賃金方式で要求した431組合の定期昇給分などの平均引き上げ額は5369円(前年同期比461円減)。このうちベースアップなど賃金改善を獲得したのは14組合で平均694円となった。パートの賃上げは75組合で平均12.05円(時給)の回答で、前年を約6円下回っている。

 中小企業の交渉は、3月末に向け本格化する。組合側は定昇相当分の5000円前後の賃上げを求めており、賃金水準維持を掲げる連合は、産別を中心に支援を強める考えだ。古賀会長は「賃金の底割れ阻止というギリギリの要求を掲げた春闘はこれからが本番だ。賃金カーブを維持した前半戦の結果を中小、非正規にも波及させるよう全力で取り組む」と決意を示した。【東海林智】

【関連ニュース】
春闘:電機大手、賃金体系維持に慎重姿勢 産別労使交渉で
春闘:自動車総連が「賃金カーブ維持」の方針確認
毎月勤労統計:1月給与総額20カ月ぶりプラス、残業増え
社説:春闘一斉回答 安定した賃金保障を
春闘:労使が初交渉 賃金より雇用確保優先

JR京葉線、強風で始発から運転見合わせ(読売新聞)
<三笠宮さま>左目の白内障手術が終了(毎日新聞)
阿久根市長、一般質問も欠席…市議会流会に(読売新聞)
小林議員への辞職勧告決議案検討 自民大島幹事長(産経新聞)
JR不採用、和解金2400万円…政府解決案(読売新聞)

同意なく研究段階の手術=生体肝移植、倫理委も未報告-東京医大(時事通信)

 東京医科大八王子医療センター(東京都八王子市)が2006~07年に行った生体肝移植で、患者側に事前に説明しないまま研究段階の方法で手術していたことが17日、分かった。この方法で移植を受けた患者は7人で、因果関係は認められていないが、うち3人が術後死亡している。
 同センターによると、7人は、バイパスをつくって移植後の肝臓に流れる血液量を減らす「シャント(バイパス)」式と呼ばれる新たな方法を使った移植を受けた。3人の死因は敗血症などで、手術方法との因果関係は認定されていないという。
 事前に患者側に手法について説明しておらず、研究段階の医療の適否を検討する倫理委員会にも報告していなかった。 

<訃報>ピーター・グレイブスさん83歳=米国の俳優(毎日新聞)
切手1枚偽造に1時間 会社社長を逮捕(産経新聞)
社会医療法人、83法人に(医療介護CBニュース)
大学のグラウンドにウサギの死体(産経新聞)
外国人の看護師・歯科医の在留期限撤廃へ(読売新聞)

鳩山元総務相、同調者確保に本格着手=自民離党を与謝野氏に報告(時事通信)

 新党結成のために自民党に離党届を提出した鳩山邦夫元総務相は16日、同調者の確保に本格的に着手した。政党交付金の対象となる政党要件を満たしての旗揚げを目指し、4人の参加確約を得るのに全力を挙げる方針だ。
 鳩山氏は同日午後、同様に新党結成を視野に入れる与謝野馨元財務相と衆院本会議場内で短時間会い、離党届を提出したことを報告。本会議散会後、記者団に「離党のあいさつだ」と述べた。同日中にも、与謝野氏に改めて会い、離党に踏み切った経緯などを説明し、連携の可能性を探る考えだ。
 鳩山氏はこの後、都内の個人事務所で、自民党の河井克行衆院議員(比例代表中国ブロック)と会談した。河井氏は鳩山氏に近いとされており、同調を求めたとみられる。河井氏は会談後、自身の対応について記者団の質問に答え「いろんな可能性があるのではないか」と述べ、新党への参加に含みを持たせた。河井氏は、国対副委員長を辞任する意向を川崎二郎国対委員長に伝えている。鳩山氏も「彼とはいろんな話をしている」と述べた。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

首相の公邸入居費用、さらに清掃費など280万(読売新聞)
札幌の老人介護施設で火災、9人死傷(産経新聞)
私学補助金4分の1に=投資詐欺事件で減額-神奈川歯科大(時事通信)
14~16歳の3人死傷=車が電柱に衝突-三重(時事通信)
日、独、沖の歌曲情感深く 小波津准教授ソプラノリサイタル

「朝鮮学校に差つけるな」=高校授業料無償化-福島社民党首(時事通信)

 社民党の福島瑞穂党首は13日、高校授業料無償化の焦点となっている朝鮮学校の扱いについて、都内で記者団に「差を設けるのは妥当ではない。すべての子どもたちを応援すべきだ」と述べ、無償化の対象から除外すべきでないと強調した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

「正直に真実を述べた」小林議員聴取で首相(産経新聞)
調査捕鯨船、見分で横浜に=農水副大臣が出迎え慰労-逮捕の容疑者は「紳士的」(時事通信)
【二〇三〇年】第5部 日本はありますか(5)アメリカが変えた日本(産経新聞)
<桜島>爆発的噴火300回到達 観測史上最速(毎日新聞)
路上に男性変死体、殺人で捜査 手縛られ頭部打撲跡 国分寺(産経新聞)

谷垣、与謝野会談を提案=石破氏(時事通信)

 自民党の石破茂政調会長は10日午前の記者会見で、与謝野馨元財務相が谷垣禎一総裁ら執行部の刷新を求めていることについて「なぜこのような発言をするに至ったのか、執行部全体で反省しなければいけない」と述べた。その上で、谷垣、与謝野両氏が直接会って、民主党政権打倒の方策などについて話をすべきだとの考えを示した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

女児虐待死、継母を傷害致死容疑で再逮捕「黙秘します」(産経新聞)
額賀派がパーティー=野党になって出席者半減-自民(時事通信)
首相動静(3月4日)(時事通信)
<NHK>強制わいせつで有罪の職員 懲戒免職に(毎日新聞)
阿久根市長、議会出席を拒否=「マスコミへのお仕置き」と-鹿児島(時事通信)

官房長官案も「精査」 普天間移設問題(産経新聞)

 平野博文官房長官は9日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設案を社民、国民新両党が沖縄基地問題検討委員会に提出したことについて、「同時に私の案も(精査の)土俵にあると理解いただきたい」と述べ、平野氏が独自に検討中の案も両党の案とともに実現可能かどうか精査していく考えを示した。平野氏は8日の検討委員会では案を示さなかった。

 政府は米軍キャンプ・シュワブ(同県名護市)陸上部案を軸に、米軍ホワイトビーチ(同県うるま市)と津堅島間に滑走路をつくる案も検討している。

【関連記事】
普天間移設で大分知事「これ以上、受け入れられぬ」国民新党に不快感
普天間検討委 国益損なわぬ打開策示せ
普天間移設「最終調整案は複数に」 防衛相が見通し
普天間移設「有力案を言う段階にない」 鳩山首相
普天間移設めぐり社民、国民新の亀裂ますます
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

<雑記帳>広告の新媒体?電通本社ビルがメッセージ直接発信(毎日新聞)
大手出版社がキンドル接近? 電子出版フィーバー始まる(J-CASTニュース)
ダンス 世界のトップが競演、観客うっとり 東京体育館で(毎日新聞)
貸金業規制、メガバンクは対案を=亀井金融相(時事通信)
研究発表先延ばしに…東京理科大へ「爆破」脅迫文(読売新聞)

時効撤廃法案、12日閣議決定へ=民主が了承(時事通信)

 民主党は3日午前の法務省政策会議で、犯罪の公訴時効の撤廃・延長のための刑事訴訟法改正案について、今国会への提出を了承した。これを受け、同改正案は12日の閣議で決定される見通しとなった。
 改正案は、殺人など死刑に相当する罪の時効を撤廃、人命を奪うその他の罪の時効を原則2倍に延長すると定めている。会議では、改正後に長期間が経過した事件の立証も必要となることを踏まえ、「被疑者の権利を守れるよう取り調べの録音・録画(可視化)を早く実現すべきだ」との意見が党側から出た。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
2人強殺で無期懲役=同情余地大きいと死刑回避
弁護側は有期刑求める=2人強殺事件が結審
過去事件へ適用「憲法違反でない」=時効撤廃・延長で千葉法相
無期懲役を求刑=「追い詰められた」と死刑回避-2人強殺の裁判員裁判・鳥取地裁

城東の強盗事件 容疑で男逮捕 ゲームソフト店(産経新聞)
【社会部オンデマンド】外国人参政権、海外では?(産経新聞)
作業員死亡で社長逮捕 汚水槽事故 安全対策怠った疑い(産経新聞)
コンビニに車突っ込む 男を酒気帯び運転容疑で逮捕 栃木県警(産経新聞)
女性“おじさん化”4割超が自覚 仕事のストレスで肌荒れ悪化(産経新聞)

北教祖事件 渡部氏「本当に恥ずかしく残念」(産経新聞)

 民主党の渡部恒三元衆院副議長は5日、TBS番組「時事放談」の収録で、同党の小林千代美衆院議員=北海道5区=の陣営への違法献金の疑いで北海道教職員組合幹部らが逮捕された事件に関し、「心の教育が明日の日本のために一番大事だと訴えているのに、(北教組に支援された)わが党の議員が心の教育を一番粗末にするような形で、本当に恥ずかしく残念だ」と陳謝した。

【関連記事】
予算案で菅財務相、公共事業依存からの脱却強調 参院予算委
“参院民主の乱” 「公共事業止めるな」 子ども手当「評判悪い」
北教組不正資金提供で小林議員が小沢氏に状況説明 進退は言及せず
鳩山首相、北教組の不正資金提供は「特殊なケース」
自民が「労組マネー」追及チーム 北教組の不正資金提供事件受け
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

再起訴19回で異例の引き延ばし、時効が成立(読売新聞)
ハイチ支援会合出席に意欲=岡田外相(時事通信)
<夕張市>財政再生案提出、17年間で赤字322億円解消(毎日新聞)
トヨタ、調査や検査の継続を確認…公聴会(レスポンス)
大津波・津波警報 北海道・根室市3363世帯に避難指示(毎日新聞)

日精協の鮫島会長、3期目満了で退任へ(医療介護CBニュース)

 日本精神科病院協会(日精協)の鮫島健会長が、3月末の3期目の任期切れに伴い、退任することが2月26日、明らかになった。日精協によると、3月5日の役員改選には、長尾卓夫、山崎學両副会長が会長選への立候補を届け出た。

 立候補は19日に締め切ったため、後任は長尾、山崎両氏の争いになる。

 長尾氏は医療法人恵風会(兵庫県姫路市)の理事長で、2002年4月に日精協副会長に就任。一方、山崎氏は医療法人社団山崎会(群馬県高崎市)の理事長で、04年4月から日精協副会長。


【関連記事】
【中医協】精神病棟入院基本料、「13対1」新設で合意
【中医協】認知症患者の退院調整加算などを新設
精神科慢性期治療への評価引き上げを―日精協



橋下知事「抜群の経済対策」と自賛(産経新聞)
小林氏進退「本人が決めるもの」=小沢氏(時事通信)
裁判員裁判 初の死刑判断も 2人殺害 被告、強盗目的は否定(産経新聞)
「たまゆら」火災 理事長ら起訴 改善進まぬ老人施設(産経新聞)
個所付け通知「党経由は遺憾」=鳩山首相が陳謝-集中審議(時事通信)

週内にもヒアリング開始=300~400の公益法人-行政刷新相(時事通信)

 枝野幸男行政刷新担当相は2日午前の閣議後の記者会見で、4月から行う事業仕分け第2弾で対象とする公益法人を絞り込むため、300~400法人を選び、週内にも所管省庁からヒアリングを開始する方針を明らかにした。
 枝野氏は、国所管の約6600法人に、官僚OBの天下りを受け入れているなど七つの基準を機械的に当てはめた結果、いずれかの基準に該当する法人が3852法人だったと発表。この中から、複数の基準に該当する法人など300~400法人を選び、ヒアリングの結果を踏まえ、さらに仕分け対象とする法人を絞り込む。 

【関連ニュース】
渡部氏、7奉行と会合=参院選「情勢厳しい」
6月にも独法改革案=公益法人の制度見直しも
「規制仕分け」も検討=行政刷新分科会、来月スタート
週1回、記者会見を開放=事前登録で参加認める
社会資本審委員、大幅入れ替え=新任10人、政策転換をアピール

鳥取2人殺害の裁判員裁判、検察が無期求刑(読売新聞)
<地デジ>受信障害の対応率まだ25% 目標達成難しく(毎日新聞)
<官房長官>天皇陛下の公的行為「ルール作り困難」政府見解(毎日新聞)
<沖縄震度5弱>99年ぶり発生 境界深部の蛇紋岩が抑制か(毎日新聞)
消費税論議の開始反対=「景気に水」-社民、国民新(時事通信)

天皇陛下 内井昭蔵回顧展を鑑賞 世田谷美術館(毎日新聞)

 天皇陛下は26日、東京都世田谷区の世田谷美術館で開催している建築家、内井昭蔵の回顧展「『内井昭蔵の思想と建築』展-自然の秩序を建築に-」を鑑賞した。内井昭蔵は日本建築学会賞などを受賞し、天皇、皇后両陛下のお住まいである皇居・御所を設計したことでも知られる。02年に亡くなった。

 当初は皇后さまも同行する予定だったが、数日前からせきがあり、この日は熱もあったことから取りやめた。宮内庁によると風邪のようだという。

大杜村
東大阪市の商品券、販売所責任者が買い占め換金(読売新聞)
「駄々っ子みたい」 山岡氏、自民の国会戦術を批判(産経新聞)
斎場職員、業者から現金?大阪市が調査開始(読売新聞)
桜島 「ドカ灰」垂水市に集中 農作物の被害深刻(毎日新聞)

自民が審議拒否 知事選勝利、小沢氏喚問ら求め(産経新聞)

 自民党は22日朝、臨時役員会を開き、長崎県知事選で同党支援候補が勝利したことを受け、「政治とカネ」の問題をめぐり与党が民主党の小沢一郎幹事長らの証人喚問に応じなければ、同日の衆院予算委員会から平成22年度予算案の審議を拒否することを正式に決めた。

 この日の衆院予算委は自民党の欠席を受け一時空転したが、公明、共産、みんなの野党各党は出席し、審議は昼前に再開した。

 自民党は21日の同知事選や、東京都町田市長選でも野党系候補が大差で与党系候補を破ったことを追い風に、欠席戦術で「政治とカネ」の問題をあぶり出す方針。与党側が描く3月1日の予算案衆院通過を少しでも阻止する構えだ。

 自民党の谷垣禎一総裁は臨時役員会後、記者団に「与党は(小沢氏らの)証人喚問や石川知裕衆院議員の辞職勧告決議案の採決要求にゼロ回答だ。対決するのは今をおいてほかにない」と語った。予算委は午後に鳩山由紀夫首相が出席して「経済・外交」をテーマに集中審議を行う予定。

【関連記事】
鳩山首相、長崎知事選結果「政治とカネが影響」
自民、来年度予算案の審議拒否を決定
町田市長選 自公支援の石阪氏が再選
長崎知事選 社民・渕上選対委員長「国民の声真摯に」
民主“利益誘導”選挙通じず 「小沢的なるもの」排除を

エレベーター強盗、女性殴り現金奪う 大阪・北区のマンション(産経新聞)
【土・日曜日に書く】産経デジタル取締役営業本部長・井口文彦(産経新聞)
小沢氏「自民・青木氏は時代的役割終えた」(読売新聞)
時効の撤廃・延長を答申=人命奪う罪に限定-法制審(時事通信)
大津波・津波警報 東京都・南鳥島で10センチの津波観測(毎日新聞)
プロフィール

かげやまきみおさん

Author:かげやまきみおさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。